交通事故に遭遇しやすい色は?|群馬県高崎市で交通事故のケガ、腰痛、捻挫治療なら「かねしま整骨院」へ

群馬県高崎市の交通事故のケガ、腰痛、捻挫治療 かねしま整骨院

年中無休 日曜祝日も診療

0273843626

午前9:00~12:30

午後14:30~19:30

院長コラム

交通事故に遭遇しやすい色は?

院長コラム

2018.08.17

事故に遭遇したくありませんが、海外のデーターで興味深いデーターが発表されています。

 

実は車の色には事故が起こりやすい色があり、青い色の車が、一番事故が起こりやすいと言われているようです。

青い車は危険!?

ある海外の研究で公開された結果によると、青い色の車が一番事故を起こす可能性が高く、その次に緑色の車が、多く事故を起こすという研究結果を発表しています。

 

研究結果によると

 

1位 青色
2位 緑色
3位 灰色
4位 白色
5位 赤色
6位 黒色

 

という順で事故が多いという結果を発表したようです。

 

また、この中でも、青色、緑色、灰色の車の事故率がかなり高いという結果が出ているよう

 

ですが、何故青色の車が一番事故を起こす可能性が高いという研究結果が出たのでしょうか?

色素理論による解明

青い色の車が事故を起こしやすい理由として、小さく見える色は遠くにいるように錯覚する現象が関わってくると言われています。

 

人間は色によって、その物体が大きく見えたり小さく見える錯覚を起こすと言われていて、赤や黄色などの暖かい色は近くに見え、青や緑などの色は、遠くに見えるので、同じ距離であっても、色によって遠くに見えたり近くに見えたりするそうです。

 

ですから、例えば交差点を右折しようとしている時に、遠くから赤い車が来た時と、青い車が来た時では、色による距離感の錯覚で、赤い車が来た時には、近くに車がきているので、右折せずに待とうと思い、青い車が来た時には、遠くにいるので右折してしまおうとすることになります。

 

また、前方を走っている車の場合でも、前に赤い車がいる時には、近くに車がいると思って

 

車間距離を開けたくなるが、前に青い車がいる時には、遠くに車がいると思って車間距離を

 

詰めてしまうようなことも起こると言われています。

 

あくまでも、統計データですので、だからといって青色の車を乗ってはいけないと言う

 

事ではありませんのでm(__)m

 

全ては、安全運転が一番です!!

 

もし、事故に遭ってお怪我をされた時は、当院にご来院下さいm(__)m

 

弁護士とのご相談も、当院提携先がいくつかありますので、無料でご相談出来ます。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

かねしま整骨院
〒370-0043
群馬県高崎市高関町297-1
ヤオコー高崎高関町ショッピングセンター内
Tel:027-384-3626

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆