何故猫背は身体に悪いのか?パート 2|群馬県高崎市で交通事故のケガ、腰痛、捻挫治療なら「かねしま整骨院」へ

群馬県高崎市の交通事故のケガ、腰痛、捻挫治療 かねしま整骨院

火曜定休 日曜祝日も診療

0273843626

午前9:00~12:30

午後14:30~19:30

院長コラム

何故猫背は身体に悪いのか?パート 2

院長コラム

2019.09.25

猫背で身長が削れる!!

 

猫背は、軟骨の寿命も短くなる!!

猫背は、特に腰の軟骨になる、椎間板と言う軟骨に多大なる負担をかけている。

猫背で腰を丸くしている前傾姿勢は、

真っ直ぐ立っている状態の1.5倍椎間板に負担が掛かる。

さらに、その丸くなった状態で歩くと、椎間板には、自分の重さの三倍くらいの圧力がかかる。

そんな猫背の状態で、歩き回っていたら、

腰の椎間板(軟骨)は他の軟骨に比べると、軟骨のすり減り方も早いのではないか?

まさに、そのとうりで、猫背を放っておくと、

腰痛椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱すべり症、椎間板変性症など、

神経への圧迫が強くなると、歩けなくなってしまう病気ばかり。

若いうちは、何とか筋肉でカバーできるが、徐々にそれも落ちてくれば・・・

猫背は軟骨もへり、取り返しのつかない、腰の病気になるリスクをご紹介しました。

次回は、さらに猫背が内臓に悪影響?