猫背は何故身体に悪いのか?パート3|群馬県高崎市で交通事故のケガ、腰痛、捻挫治療なら「かねしま整骨院」へ

群馬県高崎市の交通事故のケガ、腰痛、捻挫治療 かねしま整骨院

火曜定休 日曜祝日も診療

0273843626

午前9:00~12:30

午後14:30~19:30

院長コラム

猫背は何故身体に悪いのか?パート3

院長コラム

2019.10.10

前回の話は猫背によって、軟骨が削れる話をしましたが、今回は・・・

猫背により、太りやすい身体になってしまう話を。

では、何故猫背で太りやすい身体になってしまうかと言うと、

背中が丸くなることにより、お腹の肋骨の下を覆う、横隔膜が圧迫されてしまう事により、

横隔膜が、下に下がってしまい、その下にある、胃、小腸、大腸など、消化に関係する臓器が圧迫されてしまう。

臓器が圧迫されてしまうと、胃、小腸、大腸の動きが停滞する為、

消化活動が低下してしまう。

消化活動が悪くなると、食べた物が体の中でしっかり消化されず、

外に便として排出されず、身体の中に残ってしまう。

すると、血液中に消化されない余分な脂が流れ、高コレステロール、高血糖、高血圧などを引き起こす。

それにより、血液の流れもさらに悪くなり、代謝が低下して、エネルギーを消費出来ないため、

さらに身体に脂肪が付きやすい状態になって、

どんどんメタボにまっしぐら!!

メタボがすすむと、ポッコリお腹完成!!

 

超ざっくりお話しているので、消化について細かく書けばさらに長くなるので。

かなりはしょりましたが、ざっくり言えば、腸の働きが悪くなり、消化されず、身体に脂肪が蓄積する。

やはり、猫背は百害あって一利なし!!

まだまだ、猫背撲滅にガンガン貢献していきますよ!!

まだ、害は・・・